APMより2枚玉 152mm/F7.9 EDアポクロマート屈折鏡筒
APM ZTA 152 鏡筒

APM ZTA 152鏡筒 一式税込価格 ¥468,000-
驚くべき
「ハイシャープネス」
対象の色再現に驚く「クリアーな視界」
そして、微光星の色調までが分かる「ハイコントラスト」
屈折光学系の高性能スペックが凝縮された新型鏡筒!

APM LZOS 152/F8 3枚玉スーパーED
に迫る高性能がおよそ1/3の価格で貴方のものに!

現在弊社ショールームに実機を展示中!





APM社提供の APM ZTA 152鏡筒による天体写真集を参照して下さい:

https://www.astrobin.com/gear/37661/apm-apm-doublet-ed-apo-152-f79/

http://www.darkskiesimaging.com/category/narrowband/


APM ZTA 152 鏡筒 標準装備品も豊富!

APM ZTA 152/F7.9に専用トランクケース、鏡筒バンド、ロスマンディ規格ダブテールプレート、鏡筒キャリーハンドル、2.5インチ接眼部(ツイストロック式2インチスリーブ)、高精度2インチ天頂ミラーとツイストロック式31.7mm変換アダプターと10:1マイクロフォーカサーまでが標準装備!(アイピースやファインダーとファインダー脚は別売)



ドイツはAPM社製の新型152mm/F7.9の2枚玉EDアポクロマートをご紹介致します。当鏡筒の大きな特長と致しましては、まず第一にこの絶対的な「コストパフォーマンス」を実現した、「ハイシャープネス」「クリアーな視界」「ハイコントラスト」の新設計の対物レンズの存在でしょう。この新設計の対物レンズはAPM社独自の設計を中国での「日本製のOHARA FPL-51 ED」「Lanthanium HLAF53」の新レンズを組み合せて製作された、これまでにない全く新しいレンズユニットです。






この2枚玉EDアポクロマートのエアスペースの間隔は外気温に対しての順応をより早めるために、最適な設定で製作されています。また、レンズセルにおいて、この特殊な専用設計のレンズを支えるために、試行錯誤の結果、最も適切な「テフロンネジ」を採用し、結果として「-15℃」から「+40℃」までの環境下において、肝心のレンズユニットに不要な圧迫等を加えない造りとなっております。APM
ZTA 2枚玉EDアポ152mm/F7.9鏡筒には、CCDカメラ等の「重量級」の接眼部アクセサリーを接続してもがっちりとホールドする丈夫でわずかなタワミもない「2.5インチ径大型ラック&ピニオン接眼部」が標準で装備され、更には「10:1マイクロフォーカサー」と「2インチ→31.7mm変換アダプター」「回転装置(撮影用途にも可)」も標準付属です。






鏡筒フード部の製品ロゴの様子。なお、鏡筒本体の塗装は「高級パールホワイト塗装」仕上げで、高級感あふれる仕上がりです。







15cmF8クラスの製品でありながら、重量わずか8.6Kgと現行の市販品と比べて「1クラス(13cmクラス)以上」も軽く仕上がっております。この重量なら、主に中型赤道儀への搭載も可能となり、憧れの「15cmアポクロマート鏡筒」の個人所有も夢ではありません。高性能で軽量/低価格が身上の「APM ZTA 152鏡筒」を自信をもって皆様にオススメ致します!(上記写真は「EQ-6」赤道儀への搭載の様子です。)






APM独自の「最新型二枚玉EDアポクロマート」のZTA152mm/F7.9鏡筒は、「およそ180mm」もの十分なバックフォーカスを有し、鏡筒内部に配置のバッフルは良好なイメージサークルが得られるように正確に設計されております。

フードは伸縮タイプを採用し、持ち運びや格納時には
わずか1m程(105cm)にまでコンパクトになります。

その他の付属品と致しまして
鏡筒バンド(1組)ロスマンディ社アリミゾ規格のダブテールプレート」「高精度2インチ天頂ミラー」に加え、鏡筒の持ち運びや保管で大いに役立つ「専用トランクケース」、架台からの取り外しや移動時に大変便利な「キャリーハンドル」などを全てセットに致しまして¥468,000にてご提供致します。(アイピースとファインダー及びファインダーブラケットは別売。)

鏡筒本体の重量は軽量の8.6Kg(バンドとダブテールプレート、キャリーハンドル付きでも10kg程度)のため、大口径15cmF8クラスの鏡筒にも関わらず、架台への負担が非常に低く、移動や設置/分解等も容易です。






フードエンド(先端部)の仕上げにも自信有り。市販品等でよく見かけるパイプ材の切断加工で完了の仕上げではなく、「APM ZTA152鏡筒」なら上記のようにカバーリング金具(リング)を配置しております。(写真内奥行き箇所には見事なバッフル<なんと合計7枚!>が写り込んでいます。)






APM ZTA152鏡筒の心臓部とも言えるレンズアッセンブリー幅広い温度環境にも的確に対応(順応)する、レンズセルの様子です。なお、この二枚玉EDアポクロマート光学系レンズは、前世代の「2枚玉EDアポクロマート」とは、異なる性能を示します。このレンズは「APM社」がドイツで新たに設計を行ない、生産された「最新型の」二枚玉EDアポクロマート光学系です。(詳細は当ページ下部のデータシートをご参照下さい。)光軸調整機構は非付属ですが、レンズ自体の調整から、鏡筒本体に対しての「最終的な光軸」までをメーカーにて仕上げてから皆様にお届け致します。





接眼部周辺、及び「ドロチューブ(繰出し状態)」の様子です。「あ」:ビクセン社規格対応のファインダーベース/「い」:ドロチューブロッキングネジ(強固に固定可能)/「う」:接眼部・回転機構用の「ロッキングネジ」。ドロチューブの繰り出し量は「96mm」となります。






標準付属の大型「2.5インチ径」ラック&ピニオン接眼部には「2インチ」及び「31.7mm径(変換AD→標準付属)」のアイピースなどが標準で対応。(2インチ径のアダプターを取り外すとツァイス社規格「M68ネジ(メス)」があります。)この2インチアダプター及び31.7mm径変換ADは、アイピースの固定方法は従来からの「止めネジ方式」ではなく、「ロックリング・回転方式」でアイピース等を締めつける方法を採用しています。更にはよりシビアな撮影や高倍率の観望/観測時時の「ピント合わせ」に必要不可欠な「10:1マイクロフォーカサー」も標準装備です。






何と、上記の「2インチ天頂ミラー(99%反射の1/10λ高精度ミラー採用!質量:460g」と「2インチ→31.7mm変換アダプター(質量:120g)」も標準で付属しています。特に天頂ミラーは従来からの「標準付属品」としては、本来あり得ない程のハイクオリティー製品です!この点からも、当製品(ZTA152鏡筒)に対するメーカーの意気込みが伺えます。






鏡筒バンドとキャリーハンドルの様子です。鏡筒バンドの「締め付けノブ」はデザイン性と実用性を両立した仕上がりです。






同上の「鏡筒バンド」と「キャリーハンドル」、更には「ロスマンディ社規格・ダブテールプレート」の様子です。各部洗練されたパーツ郡が大切な「ZTA152鏡筒」をしっかりと保持します。






標準付属の「ロスマンディ社規格・ダブテールプレート(全長:330mm)」の接続部の様子。写真では、「ロスマンディ・大型メスアリプレート(品番:spdv)」を介して、往年の名機「タカハシ製・EM200赤道儀」へ搭載しています。






「タカハシ製・EM200赤道儀」への搭載の様子です。この「APM ZTA152鏡筒」なら、非常に軽量の為に「中型赤道儀」にも対応します。高倍率のピント合わせ時には、わずかには振動が伝わりますが、ピントノブより手を放す事ですぐに収まります。

ロスマンディ・大型メスアリプレート(品番:spdv)等を含めても、上記の通りに赤道儀に標準付属のバランスウエイトのみでこのようにバランスが取れます。写真の
「APM ZTA152」「タカハシ・EM200赤道儀」との組み合せは、弊社にて実地での実動テストを行ないましたが、操作性も良好で非常にオススメの組み合せです。






キャリーハンドルで鏡筒を持ち上げてみました!ハンドルの本体部分が、質量のある「丸棒(パイプでは無い)」のためか、握り心地は良好でフィット感も安定感抜群です。



同上、弊社の商品発送担当者にキャリーハンドルの握り心地を試してみました。これなら持ち運びも容易との事です。







最後のピックアップとなってしまいましたが、「ZTA152鏡筒」には「専用キャリーケース(カットウレタンフォーム付き)」までもが「標準付属」です。別売オプションではなく、一式価格¥468,000-に含まれております。




APM ZTA152mm F7.9 <スペック>
 光学系  最新設計2枚玉EDアポクロマート
 レンズ素材  日本製「FPL-51 ED」&「LANTHANIUM H-LAF53」ガラス材使用
 鏡筒の仕上げ   「高級パールホワイト塗装」、鏡筒本体部は「アルミ製」
 焦点距離  1200mm(F7.9)
 レンズコーティング  ブロードバンドマルチコーティング
 バックフォーカス(最小〜最大)  79〜175mm (実測値/2"スリーブ先端より/ドロチューブ繰り出し量:96mm)
 接眼部の取付けサイズ  2インチと31.7mm、M68メスネジ(ZEISS社規格)・撮影にも対応の回転装置付き!
 鏡筒バンド径  φ156mm(ZTA140と共通)
 最大鏡筒長  1250mm(フードを最大に引出した状態)
 最小鏡筒長  1050mm(フードを収縮した状態)
 フード外径  φ186mm/長さ約290mm
 バランスポイント(センター)
(レンズセルから接眼部方向に)およそ250mm(付属の天頂ミラー、31.7mmAD込み)
  ※弊社「EF-508(F脚付き)」を取付けて「およそ290mm」
 鏡筒単体の重量  約8.6Kg(ファインダー/鏡筒バンド/キャリーハンドル/プレート類を除く)
 鏡筒の総重量  約10.5Kg(上記4点込み。天頂ミラー/アイピースは除く)
 キャリーケース(標準付属品)  355×1180×325mm(重量 約14Kg)
 鏡筒とケースの総重量  約24.5Kg
 付属品
鏡筒バンド(一組)・ダブテールプレート(ベースプレート)・キャリーハンドル・2インチ天頂ミラー(99%反射/1/10λ鏡)・2インチ→31.7mm変換AD・フードキャップ(金属製)・キャリーケース
 原産地  APMデザインと監督で中国産
 ファインダーと脚(別売)  弊社オリジナル「EF-508」がオススメ。同脚は「ビクセン規格対応品」がご利用可能。
 別売オプション品
アイピース各種、ヒーターバーティノフマスク双眼装置ネビュラフィルターなど
 ※
「ロスマンディ・大型メスアリプレート(品番:spdv)」(販売価格¥22,600-)
  もお取り扱い致しております。
 鏡筒他社接眼部の対応
フェザータッチフォーカサー(2.5インチ/3インチなど)がそのままで対応できます。
鏡筒接眼部取付け規格:「M109x1mm」と「M95x1mm」の2種類のネジが付属。
 品番  zta152
 税込一式価格  ¥468,000-
その他、ご質問等につきましてはお気軽にご連絡下さい。ただいま店頭にてデモ品を展示中




APM ZTA 152mm F7.9 <データシート>



対物レンズのストレール(集光程度)グラフ(APM社提供)

スポットダイアグラム(APM社提供)

ストレール・モデリングデータ(APM社提供)

色収差・補正グラフ(APM社提供)









HOME
APMトップへ
お問い合せ
ご注文