PODアクセサリー、オプション&スペアー・パーツページです

PODドームカバーは、只今即納!今回は最後の入荷ですので、是非ご利用下さい

ご注文はこちらです!  残り1コ 即納可!

ドームの保護に、夏期の熱対策に、専用のドームカバーをご用意しました!セット価格¥78,000-(送料、税込)

長期間ドームを使用しない場合や、冬期の積雪が多い場合、夏期昼間の熱対策に、紫外線/太陽光からの熱に強い化学繊維で作られたスカイシェードPOD専用のドームカバーです。取付は元々観測室側の組み立てに使われている、ジョイントボルトの一部を、専用の先端がリング状となったボルトに交換して、カバー側のケーブルを接続するだけです。極めて簡単!しかしその効果は非常に大きく、温暖化が進み、毎年のように暑くなる日本では、おおげさではなく必需品と言えるかも知れません。。。。特に夏期においては、夜間の観測に備えて、できるだけドーム内の気温を下げたいと思うのは当然の事」と言えるでしょう。そんな場合にも、このドームカバーが機能してくれます。お薦めします!。(以下PODカバーと表示します)



↑PODのドームを風雨や砂塵、太陽からの直接光、熱から守ります。



<ここで簡単にPODドームカバーの取付方法をお知らせします。簡単ですよ!>

1) PODの壁やカーゴユニットを固定している中間の高さにあるボルトすべてをPODドームカバー付属の「リングボルト」と交換します(リングの部分が外側になるように)。当初より使用しているワシッャー類はそのまま使用して下さい
2)「リングボルト」が装着された状態です。
3) PODドームカバーを広げて、PODドームの上に載せます。カバーがドームの頂点を超えるようにすこしずつ動かします
4) PODドームカバーがドームの頂点をある程度超えたら、その反対側へ行きPODカバーを引っぱり下ろします。
5) PODドームカバーをしっかり撓みなく広げて、カバーの縁にあるジョイントホールをリングボルトの位置と合うように調整します。
6) 付属のバンジケーブルを使用し、PODドームカバーをアイボルトに固定します。取り付けはこれで完了になります。
7) PODドームカバーを外す場合は、上記ステッップを逆の順序で行って下さい。
注意:手に怪我を負わないように、(できれば作業用の手袋をして作業を行って下さい)バンジケーブルをゆっくりと、丁寧に1本ずつ外していって下さい。そして、風が拭いている時のPODドームカバーの取り付け及び取り外しには特に注意を払って行って下さい。
ヒント:PODドームカバーをPODドーム頂点に対して、どうしても超えさせることができない場合は、長さ3メーター前後のロープなどをPODカバーの反対側に付け、このロープでカバーを反対側から引っ張っておけば、カバーの設置が行いやすくなります。尚、PODカバーの位置決めに、カバーをおろしながら、横へずらしたりすることもできます。必要に応じて、時間をかけて、ゆっくりとPODドームカバーを取り付けて下さい。

このように簡単に装着可能です!お薦めしますよ!

PODトップページへ